08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ムダ毛処理の方法 自己処理

薄着の季節が近づくと、ムダ毛が気になってきますね。

冬の間は無関心だった部分をふと見ると、やたらたくさんの毛があってビックリ!こんな経験ありますよね!?

最初のムダ毛処理って、何歳で始めましたか?

大抵は思春期、第二次性徴が始まり、大人の体つきに近づいてきた時でしょうか。
最近は、発達の良い方があり、小学校高学年から気にしていらっしゃったり、ムダ毛に悩んだ経験のあるお母様が、お子様の将来を気になさる場合もあります。(最近、子供対象の脱毛もあるようですが、将来への影響を、よ~くよ~く考えてくださいね!!)

さて、そのムダ毛を処理する時に、どんな方法を選ぶか、これが問題です。

一番良いのは、電気脱毛で永久脱毛してしまうことなのですが(笑)
未成年の方の場合はあれこれ注意が必要で。(生理開始から3年程度経ってから(ホルモン安定)保護者の承諾書が必要、など…)

ここで一番お伝えしたいことは、

根こそぎ抜く、これだけは絶対に止めた方がいいということです。
某有名メーカーのお姉さんシリーズなどで、長年、自己処理を続けていると、すごい結果になります!!

毛は、抜くほど太くなる可能性が大なのです。

25年も脱毛師をやっていると、えらいこっちゃのお肌(毛)に遭遇することがあります。
自己処理で痛んだ肌、埋もれた毛を無理やり掘り取った後の傷跡、色素沈着、角質層の下に横たわった太い毛…。
他人さえ泣けてくる状況の方がたくさんいらっしゃいました。そして、自己処理の方法をお聞きすると、ほとんどが「お姉さんシリーズ」をお使いだったのです。

では、ピンセット脱毛はどうでしょう。
先ほどの根こそぎよりは、まだマシに見えます。ですが、この場合もすぐにわかります。
太い毛が点在しているのです。それも、ご自分で処理できる箇所ほど、太い、のです。

毛を抜くと、毛を発生させる組織に何等かの影響があり、血流増加によるホルモン量の供給増や、組織を守る作用などから、次に生える毛を丈夫にするようです。
全身のほとんどの箇所は、その傾向にあるようです。

ですから、抜くのなら、太くなるのを覚悟で抜いてくださいね!

次に、剃毛、毛をそるのはいかがでしょうか。

「毛を剃ると太くなる」とお聞きになったことはありませんか?最近は、正しい情報が出ているので、過去の俗説になっているといいな。

毛は、剃っても、毛の発生組織に影響が無いため、太くなりません!!

こう書くと、「私は太くなった!」とおっしゃる方がいるかもしれません。
ここで上に書いた、ムダ毛の自己処理開始時期が関係してきます。

大抵の方は、思春期に気になり始め、自己処理を始められます。
しかし、この思春期の初期は、まだ毛穴(毛)の成長時期といいますか、性ホルモン(毛の成長に関係する)の供給量も少なく、毛も発達途中なのです。

そして数年後。
ふと剃るのを止めた冬。
「私ってこんな太い毛だった??」となるわけです。
この毛の発達は、成長に伴う自然な状態なわけで、あなた自身の本来の毛なのです。

ということで、毛は剃って太くなることはありません。

しかし、「抜く」より直ぐに生えてしまう「剃る」を選択した場合、なるべく生えてくるのが遅くなるよう、「深ぞり」をしてしまいます。
毛流に逆らい、皮膚表面の角質層も一緒に、肌を傷つけながら。


角質層を必要以上に取ると、肌の保湿作用が低下し、乾燥に繋がります。
かゆみも発生し、ボリボリかいてしまうと、余計に角質層が剥がれ、益々乾燥する…。

脱毛クリームも、毛はおだやかに「溶け」ますが、毛も角質層も、主成分はタンパク質なので、当然、角質層を薄くし、乾燥につながっていきます。

ではどうするか。

逆そりを避け、毛並みにそって穏やかに剃る。その後、乾燥対策をする。自己処理のベターな方法です。

やはり、ムダ毛は「脱毛適齢期に電気脱毛(針脱毛・ニードル脱毛)で永久脱毛してしまう!!!」
これが一番ですね(笑)


愛知県名古屋市瑞穂区 永久脱毛(電気脱毛)専門店
あるふぁ・神宮東
http://salon.ispot.jp/s/zingu-higashi/
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

あるふぁ・神宮東 石田

Author:あるふぁ・神宮東 石田
名古屋市瑞穂区
電気脱毛(針脱毛・ニードル)
ブレンド法 永久脱毛専門
「あるふぁ・神宮東」
ムダ毛の無い綺麗なお肌つくりのお手伝いをしております。
よろしくお願いします♪

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR